難関!税理士を目指そう

どんな勉強法がよいか

勉強に費やす時間

税理士試験は簡単に合格できるものではなく、合格するにあたってはそれなりにまとまった時間を勉強に費やす必要があります。
もちろん、人によって個人差はあるのですが、合格するためには少なくとも2500時間は必要だとも言われており、それゆえにどれだけ勉強に時間を充てられるかというのが重要になってきます。

また、同じ時間を費やすのであっても、平日を含めて毎日少しづつ勉強していくのと、週末にまとめて時間を取るのとでは、また得られる成果に違いが出てきます。
税理士試験の場合には、覚える量も膨大ですから、忘れることのないように、日々の生活に少しづつ落とし込みながら、コツコツと勉強を積み重ねるのが大切です。
時間の確保をしっかりと念頭に置いたうえで、勉強スタイルを擁立する必要があるでしょう。

適した勉強法

資格取得にあたっての勉強法としては、独学での勉強や通信教育、スクールに通う方法など、いろいろとありますが、税理士試験を目指すにあたってどのような勉強法がよいのでしょうか。
税理士試験の場合、やはり専門性が高く自分一人で理解をするのが難しい内容が次々と出題されます。
ですから、ゼロから独学で勉強するよりは、スクールなどに通い、きちんと講師などの指導のもと、要点を把握していく必要があるでしょう。

また、試験合格のために膨大な時間を費やして勉強しなければならないため、もちろん人によりますが、個人で勉強しているとモチベーションの維持が難しかったりもします。
同じ志を持っている受験生がすぐ側にいる環境の方が、勉強に身が入りやすいというメリットもありかもしれませんね。


TOPへ戻る