難関!税理士を目指そう

受験科目を知ろう

試験の中の必須科目

税理士試験の試験科目は全部で11科目があるのですが、この全ての科目を合格しなければならないのかと言いますと、決してそんなことはありません。
この11種類のうちの5科目で合格基準を満たせば、税理士試験に合格したことになり、晴れて税理士の職に就くことができるのです。

ただし、11科目の中のどれでもいいかと言うとそうではなく、必須科目というのもあり、それが簿記論と財務諸表論になります。
ですから、この2科目に関しては必ず勉強する必要があり、しっかりと内容を理解しなければならないでしょう。

また、残り3科目のうち1つは、法人税法と所得税法から必ず一つ選択する必要があるため、どちらの科目にするかを決めましょう。

受験科目に関する情報

税理士試験のうち、2科目は選択科目となっていて、7つのうちから2つほど、どれにするか自分で自由に選ぶことができます。
ですから、なるべく自分が得意とする科目を受験するのが大切で、どれが自分に適しているかを見極める必要があるでしょう。

また、税理士試験の特徴として、5科目全て一度の試験で合格しなければならないかと言うとそんなことはなく、一度合格した科目の合格は持ち越すことが可能です。
税理士試験自体は1年に1度行われておりますが、1年で全ての科目に合格できなくても、翌年以降にまた受験して、最終的に5科目合格できれば資格を取得できます。

そのため、最初から1年で合格するのを目指すのではなく、複数年にかけて資格取得を目指していくという道のりもあります。
どのようなスタイルが自分に適しているのか、考えていくとよいでしょう。


TOPへ戻る