税理士になるにはどんな勉強が必要?

難関!税理士を目指そう

税理士という職業について

税理士になるうえで必須の資格である、税理士試験なのですが、受験しようと思ったからといってどなたでも受験できるわけではないことをご存じでしたか? そもそも、受験資格を満たしていなければ試験すら受けられないため、まずは受験資格について把握しておきましょう。

受験科目を知ろう

これから税理士試験を受験するにあたって、気になるのは試験内容は一体どのようなもので、どんな問題が出題されるのかという点ではないでしょうか。 実際、税理士試験にはいくつかの受験科目がありますので、まずはそれぞれの概要を把握しておくことが大切です。

税理士試験の受験資格は?

普段何気なく生活をしていても分かる通り、世の中には様々な種類の税金が存在しますよね。
しかもその税金の中身というのは非常に複雑なため、どのように納めればよいのかわからず困った経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような、税金に関する個人の悩みをサポートしたり、また個人だけなく、企業の税金にまつわる業務などを手助けするのが税理士の仕事になります。
まさしく、税金のエキスパートが税理士で、様々な税金の概要をしっかりと把握しているからこそ、務められる仕事と言えるでしょう。

では、具体的に税理士がどのような内容の仕事をおこなっているのかと言いますと、確定申告の際の書類の作成業務がそのうちの一つにあたります。
自分だとどのように作ってよいかわからない書類を、依頼人に変わって税理士が申告書類を不備なく作成し、税務署に提出してくれます。

また、税務相談という税金に関するあれこれに対して相談に応じ、疑問を解決してくれるのも、税理士の仕事になります。
他にも、依頼人が税務署の決定に不服がある場合などに、代わって申し立てなどをしてくれるのも税理士で、このように税理士の仕事というのは非常に多岐にわたるのです。

そんな税理士の仕事をおこなううえで、まずは国家資格である税理士試験を合格する必要があり、この資格がなければ職に就くことはできません。
この資格は非常に難関なのですが、税理士になるうえでは必須ですから、どのように取得すべきかを学んでいきましょう。

どんな勉強法がよいか

税理士になるためには合格必須の税理士試験ですが、その難易度は非常に高いことでも知られていますよね。 難しい試験であるからこそ、効率よく勉強していくのが、スムーズに合格するためには大切になります。 どんな勉強法であれば、合格しやすいのかを学んでいきましょう。

おすすめリンク

TOPへ戻る